膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?
間違った自慰行為によって起こることが多い

 

自分で射精させることは出来るのに、いざセックスとなるといまくいかない。

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?

 

これってED?いえ、ちょっと待って下さい。

 

その症状、オナニーに原因があるかもしれませんよ。

 

膣内射精障害は間違った自慰行為によって起こることが多く、間違った方法または過度の回数などが関係しています。



妻やパートナーとの幸せなナイトライフ守りたいあなたへ
妻の求めに応じられず、申し訳ない気持ちのある方にはぜひとも精力剤・精力サプリメントをお勧めします。

 

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?をまとめました、参考にしてください。

 

その症状、膣内射精障害かもしれません

膣内射精障害とは

膣内射精障害とは

別名、男性膣不感症と呼ばれる膣内射精障害とは、名前のとおりに膣内で射精が難しくなる症状です。

 

男性不妊の原因ともされているため、妊娠を望んでいる夫婦間では改善するべき症状と言えます。

 

原因は男性の自慰にあることが多く、頻繁に自慰をすることで刺激に対してペニスが強くなることで起こります。

射精はできても遅漏気味になってしまうことが多いなど、快適な性行為を阻害してしまう症状です。

 

ほかにも過激なAV動画の見過ぎによって、刺激に慣れてしまうことも要因と言えます。

 

性的興奮に対して過度の免疫が生じてしまうと、パートナーとの性行為が物足りなく感じることもあるでしょう。
膣内射精障害だと自覚したら自慰の頻度を減らしていくことが対策の第一歩となります。

 

90%は心因性と言われています

男性向け活力サプリメント「Force Premium」徹底解説

男性向け活力サプリメント「Force Premium」徹底解説

オナニーでは射精できるのにセックスでは失敗する膣内射精障害は、90%が心因性の原因だとされます。

 

感情を抑制しようとしたり生真面目すぎたりすると、性的興奮が減退してしまうことがあるわけです。

気持ちよく射精をするためには性的興奮をいかに高めるかが重要となります。

興奮が高まるほどピストンの快感は増しますし、射精時の快感や射精量も増えるわけです。

心因性の膣内射精障害は罪悪感により悪化しやすいですが、妊娠への不安感なども関係しています。

こころに引っかかる部分があると悪化しやすく、治りにくいと言えるでしょう。

 

コンプレックスや不安を感じている状態も好ましくないので、心身をリラックスさせて自然な気持ちで性行為に望むことが大切となります。

 

間違ったマスターベーションが原因の場合も

間違ったマスターベーションは膣内射精障害の原因となるので注意してください。

強く握りすぎたり床オナニーをしたりすることが原因となる場合もありますが、オナホール等のグッズや過激なビデオの視聴なども影響しています。

 

オナニーは決して悪いことではありませんが、間違った方法や回数を増やしすぎたりするのは避けましょう。

膣内で射精できるようにするには、オナニーの頻度を3日に1回にしてみることです。

あとはオナホール等のグッズや過激なビデオなどを活用せず、普通のマスターベーションを心がけます。

強く握りすぎるとペニスを皮膚化させやすいので、軽く手を添える程度にしてみましょう。

性的興奮を高めすぎるにはよくないので、マニアックなオナニーは避けるようにしてください。

改善にはオナニーの方法を見直す必要が

改善にはオナニーの方法を見直す必要が

視覚からの興奮だけに頼りすぎないことは、膣内射精障害の改善に役立ちます。

 

AV動画を見すぎていると刺激に慣れてしまうので、肝心なときに射精が難しくなります。

 

気持ちよく射精するためには、想像でオナニーをすることも実践しましょう。

過激な動画を初めて見たときは激しい性的興奮を覚えるでしょうが、毎日のように見ていると慣れてきます。

するとさらに過激な動画を求めるようになり、セックスの場でイケなくなる可能性があります。

 

オナニーの方法も見直す必要があり、ソフトめに刺激することを意識してみましょう。
回数が多すぎるのもいけないので、3日に1回程度に抑えておくのが理想です。

一般的に3日に1回の頻度にすれば精液が十分に溜まることで、性的興奮がピークに高まります。

男らしい自信を取り戻すには

あなたは以下のようなことでお悩みではありませんか?

 

ED治療マシンED1000やED-MAX

ED治療マシンED1000やED-MAX

・20代の頃のような男らしいさを取り戻したい
・最近元気がないけど、誰かに相談するのは恥ずかしい
・デリケートな悩みを誰にも相談できずの苦しい
・パートナーとのコミュニケーションがうまくいかず、イライラしている
・生活習慣が不規則で調子が良くない
・病院に行くのは不安
・他社の製品を使っても、変化がなかった・・・
実はこういった悩みを抱えている方は少なくありません。
多くの男性の共通した問題です。

膣内射精障害に関するまとめ

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?

膣内射精障害は間違った自慰行為によって起こることが多く、間違った方法または過度の回数などが関係しています。

セックスの失敗による心因性の原因もあり、いずれの場合もセックスを成功させることが大切となります。

 

自慰行為の頻度が多いなら回数を3日に1回程度に減らすことで性的興奮を高めることができるでしょう。
間違った方法で自慰をしている方は、正しい方法に変えていく必要があります。
オナホールや過激なAVなどは自慰を快適にしてくれますが、依存しすぎるのはよくありません。

 

改善させるためには意識から変える必要があり、心因性の場合はコンプレックスや悩みを解消していくことも必要でしょう。

妊娠の不安なども原因となるので、この場合はしっかりと避妊をする対策をしてください。