太っていると勃ちが悪くなる理由。

肥満とEDの関係とは

肥満の解消が、EDの予防・改善になります

 

生活習慣病のひとつである糖尿病では

血糖値が高い状態が続くことで毛細血管がダメージを受けて破壊されて神経の伝達ができなくなる症状が起こります。

肥満とEDの関係とは

肥満とEDの関係とは

 

勃起をする時には性的な興奮を受けた脳から陰茎に指令が伝わって勃起をする仕組みになっているので、神経障害があると性的な興奮の刺激がうまく伝わらなくなってしまいEDとなります。

 

肥満は男性ホルモンは勃起をする時に非常に重要な働きを起こすホルモンで、男性ホルモンが不足させ勃起力にも影響させるようです。

 

肥満とEDの関係をまとめました、ご参考にして下さい。

 

肥満は血管を老化させ、血液が滞りEDには悪影響

男性向け活力サプリメント「Force Premium」徹底解説

男性向け活力サプリメント「Force Premium」徹底解説

肥満とEDは一見なにも関係がなさそうに見えますが、実はこのふたつには深い関係があります。

 

まず肥満になっている人は標準体重の人に比べて活性酸素の発生量が多くなるということがわかっています。

 

活性酸素は体にとって必要な物質ですが、増え過ぎると健康な細胞まで錆びさせてしまう働きがあり、特に血管は大きなダメージを受けます。

 

血管内皮機能が低下してしまうため、血管を広げる作用のある一酸化窒素の量が減少してしまい、血管が広がりにくくなります。

 

そうすると勃起をする時に必要な血液が十分に届きにくくなります。

肥満になるとEDを発症する可能性が高くなるというのは、肥満になると体の中でこのようなことが起こり、血流が滞ってしまうからです。

 

太っている人は男性ホルモンの産生機能が低下

肥満になっている人は男性ホルモンの量が少なくなっていることもわかってきました。
 
男性ホルモンは勃起をする時に非常に重要な働きを起こすホルモンで、男性ホルモンが不足しているとしっかりと勃起できなくなってしまいます。
 

これは何故起こるのかというと、太っている人はそうでない人に比べて、性欲を抑える女性ホルモンのプロラクチンと食欲をコントロールするレプチンというホルモンが増えるのですが、これらのホルモンは男性ホルモンの分泌を抑制してしまう働きがあります。

 

つまり太っている人は他の人よりもプロラクチンとレプチンが多いため、男性ホルモンがその分少なくなっている状態です。

 

そのため性欲減退やEDという症状があらわれるようになります。

生活習慣病の合併症が勃起不全に拍車を

衝撃波を照射するED-MAX生活習慣病にかかっている人もEDを併発しやすいとされています。

 

生活習慣病のひとつである糖尿病では血糖値が高い状態が続くことで毛細血管がダメージを受けて破壊されて神経の伝達ができなくなる症状が起こります。

 

勃起をする時には性的な興奮を受けた脳から陰茎に指令が伝わって勃起をする仕組みになっているので、神経障害があると性的な興奮の刺激がうまく伝わらなくなってしまいEDとなります。

 

他に高血圧や脂質異常症があると血管への負担が大きくなることや血液中の脂質が血管の壁に付くことで動脈硬化が促進されてしまいます。

 

動脈硬化になると、血液が流れにくくなるため勃起する時にも血流が悪くなり勃起不全を起こしやすくなります。

肥満の解消が、EDの予防・改善になります

GHプレミアム効果を深堀り

GHプレミアム効果を深堀り

肥満とEDにはこのように深い関係がありますが、肥満を解消することがEDの予防や改善につながる可能性が高いと言われています。

 

これは日本性機能学会のED診療ガイドラインに書いてあることなので信頼できる情報だと考えてもよいでしょう。

 

肥満を解消するためには食事と運動が主体となりますが、まず食事面での注意点は栄養バランスは崩れないように注意しながら糖質を減らし、総カロリーの量を減らすことが大切です。

 

糖質はエネルギーになる栄養素ですが、とり過ぎると体にエネルギーを蓄えてしまい肥満を引き起こします。

そして同時に運動を行うことも大切です。

 

脂肪が燃焼されるようなウオーキングなどを体の負担にならない程度に定期的に行うようにすると肥満が解消していくでしょう。

肥満とEDの関係についてのまとめ

肥満とEDの関係とは

肥満とEDの関係とは

肥満になるとプロラクチンやレプチンが増えることで相対的に男性ホルモンの量が減少してしまいます。

 

そのことで性欲そのものが減退してしまいますし、EDの症状がでる可能性が高くなります。

 

また肥満になっている人の多くは生活習慣病を併発しており、生活習慣病もEDを起こす原因となる病気です。

 

そのことでよりEDの症状が出やすくなってしまうと考えられます。

 

そしてメタボの人は血管へ与えるダメージも大きくなり、血管が広がりにくくなることで血液循環が悪くなり勃起をする時に十分な血液が送られなくなります。

 

こういった理由があるために肥満がある人はEDを起こしやすくなります。EDを治そうと思った時には肥満の解消をすることが効果を発揮します。