オシッコすると痛い!

尿道炎の症状と種類

性交渉によって感染する尿道炎かも

 

トイレの時にペニスに痛みを感じる、あるいは痒みがある、膿が出る。

尿道炎の症状

尿道炎の症状

 

こんな症状の方は、尿道炎かもしれません。

尿道炎はおもに性交渉によって感染する病気で、幾つかの種類があります。

 

尿道炎の症状、種類、実際の検査はどのように行われるのかについてここでは言及していきます。


思い当たる方は早めに診察を受けましょう。

こんな症状が出たら注意。尿道炎は性感染症のひとつです

GHプレミアム効果を深堀り

GHプレミアム効果を深堀り

排尿をするときに、痛みを感じたり、体から出た尿に何らかの異常がある場合には、排泄器官に何らかの障害が発生している場合があります。

 

こうした症状の多くは性感染症の疑いが高いです。


排尿時に痛みを感じる場合に可能性が高いのは、尿道炎にかかっているケースです。

 

尿道炎の主な症状としては排泄時に痛みを感じる排尿痛のほかに、かゆみのような感覚を覚える場合があります。

 

感染した菌の種類によっては、尿道から尿以外のものが排出されるケースも存在します。

尿道から膿が排出されるのが最も一般的な症状で、こうした症状が現れた場合には、症状に感染している可能性が非常に高いといえます。

 

そのためにこれらの症状に当てはまるものが発症した場合には、速やかに医師の診断を受ける必要があります。

淋菌性尿道炎の特徴や潜伏期間

男性向け活力サプリメント「Force Premium」

男性向け活力サプリメント「Force Premium」

尿道炎には感染した細菌の違いによっていくつかの種類があります。


症状の中でも特に多くの人が感染しているのが、淋菌性尿道炎です。


これは淋菌という細菌により引き起こされる症状で、尿道から体内に菌が侵入することによって症状を引き起こします。

 

この菌は体内に侵入してからすぐに発症することはなく、症状が発生するまでに通常の場合、3~7日ほどの潜伏期間があります。

この淋菌性尿道炎の特徴は尿道から明確な膿状の黄色っぽい尿道分泌物が排出されることです。

 

また、排尿時に強い痛みがあることも淋菌性尿道炎の特徴の一つです。

なんの前触れもなく急激に発症することもこの尿道炎の特徴で、排尿をする際に激しい痛みが生じることがあります。

クラミジア性尿道炎の特徴や潜伏期間

衝撃波を照射するED-MAX淋菌性尿道炎とならんで、尿道炎の中でも最も一般的な種類の症状にクラミジア性尿道炎があります。

 

これはクラミジアという菌によって引き起こされる症状で、淋菌性のものよりも症状がゆるやかに進行するのが特徴です。

 

菌に感染してから症状が現れるまでの潜伏期間も淋菌性のものより長く、感染してから1~3週間程度の潜伏期間があります。

 

症状自体も比較的緩やかに発症するのが特徴で、排尿時の痛みは軽めなのが一般的です。

クラミジア性のものも感染した場合、尿道から尿以外の異物が排出される場合がありますが、クラミジア性尿道炎の場合は透明な分泌液が排出されるのが特徴です。

 

液状のもの、もしくは粘液性の分泌物が尿道から排出されます。

尿道炎の検査って何をするの?診察から治療まで

尿道炎の治療を専門の病院で行なう場合には、一定の順序に従って検査を進めていきます。

検査を始める際に一番初めに実施されるのが症状を書類に記載することです。

体にあらわれた症状をできるだけ具体的に記載する必要があります。

 

痛みの兆候や排出物の特徴なども詳しく記載することで、医師の診断に役立ちます。

記載された書類をもとにして医師の診察が始められ、症状に感染しているどうかを調べるために具体的な検査がまず実施されます。

検査は採尿により行なわれ、採取した尿を核酸増幅法検査や顕微鏡検査などの方法で調べて、体内に菌が感染していないかどうかを確認します。

 

診断の結果、症状に感染していることが判明した場合には適切な治療が行なわれます。

通常は内服処方により治療が進められますが、症状の程度によっては点滴・注射などの方法がとられることもあります。

尿道炎に関するまとめ

尿道炎の症状

尿道炎の症状

尿道炎に感染した疑いがある場合にはすみやかに医師に相談する必要があります。

 

症状が比較的早期に現れる淋菌性尿道炎の場合だけでなく、症状がゆっくりと現れるクラミジア性尿道炎の場合にも、できるだけ早期に医師の診断を受けることで、症状の改善に役立ちます。

 

尿道炎は体内に侵入した菌によって引き起こされますが、一種類の菌だけでなく複数の菌が同時に進入して症状を引き起こしている場合もあります。

 

こうした複数感染の場合でも、それぞれの起炎菌に対して適切な治療を行なうことで、症状を緩和させることもできます。

 

尿道炎は薬を使用することで比較的、短期間で完治しやすい病気ですが、症状が軽快しても油断せず、再度の感染を防ぐために慎重に行動することが必要です。