間違ったオナニー(自慰行為)の行為を

続けるとEDになる!

実際の行為中に赤っ恥をかくかも

 

間違った行為ぼオナニー(自慰行為)とは

最近の若者はセックス離れとよく言われますが、何故なのでしょう。

 

間違ったオナニー

間違ったオナニー

インターネットが普及し、誰でも簡単に好みの女性のあらわ5な姿を見ることが容易になったため、オナニー(自慰行為)だけで満足してしまえるという現実があります。

 

自分好みの間違った行為のオナニー(自慰行為)だけで事足りることに慣れてしまうと、その方法でしかイケなくなってしまい、

実際のセックスの場面で赤っ恥をかくかもしれませんよ。

 

足ピンオナニー等の間違った行為を続けていると快感は得られますがいざという時に困る事もあります。
「間違った行為のオナニー(自慰行為)を続けるとEDになる!」をまとめました、参考にしてください。

オナニーばかりしていると実際のセックスでギャップが…

最近ではインターネット等でも画像や動画が溢れているため、今迄ではあり得なかったようなAVとは別物の設定やシチュエーションを味わえ、好みのタイプの画像を見ることが出来るようになりました。

 

その為、生身の女性とあまりにもかけ離れた画像や動画でしてしまうので実際のセックスでは満足感を得ることが出来ず、結果として自慰行為に頼ってしまうという状況になります。

頻回な自慰行為依存だと

頻回な自慰行為依存だと

頻回な自慰行為依存だと

実際のセックスでは満足感減少してしまう傾向がみられる。

「間違ったオナニー(自慰行為)を続けるとEDになる!」恐れもある

包茎や先細りが気になる方は、包茎・亀頭先細りお悩み解決をご覧ください。

頭ではこんな女性はいないとわかっていながら動画や画像の質やクオリティーの高さにオナニーをしてしまい、実際には自分が色々しなくては相手が満足しないのに動画や画像では思うままになることが快感になってしまいます。

お互いが思いやることで成立するセックスの概念が崩れさっていくのです。

性器を強く握りすぎるオナニーは物理的な刺激に慣れてしまいがち

自分の好みの女性が動画や画像の中で思うように動いてくれるので、実際のセックス以上に興奮がエスカレートし、必要以上にピストンしたりグリップをきかせ強く握りすぎたりします。

 

刺激がエスカレートすると床に押し付け、圧迫刺激をする事で快感を得られる床オナニーをしていきます。

過激過ぎるオナニーはEDの要因の可能性も

間違った過激なオナニー

間違った過激なオナニー(自慰行為)

過激で強く握りすぎる自慰行為は、陰茎海綿体を傷つける可能性もあります、過剰なオナニー(自慰行為)は控えるようにしましょう。

また

オナニーは実際の膣内刺激とは異なる部分が多く、膣内では物足りない感覚を味わってしまいます。

強く握りすぎるオナニー(自慰行為)が摩擦刺激に対し圧迫する事で得られるので勃起をしなくても射精する事ができてしまいます。

 

勃起をしなくても射精し、満足感を得られてしまうので生身の女性とする事になっても起たない事もあります。

 

圧迫でしか快感を得られないとった事を繰り返してしまうので体が覚えてしまうのです。

 

特定の体勢でしかイケなくなってしまう通称、足ピンオナニー

普段の強く握りすぎるオナニーをする時にいつも特定の姿勢をする人も大きな問題があり、特に仰向けや横向き等の姿勢で足を突っ張った状態や立ったままする立ちオナや椅子に座りながらする状態等です。

 

共通点はお尻の筋肉が上がり、足がつったような状態になります。

足ピンオナニーとは

足ピンオナニーとは

足ピンオナニーとは

特定の姿勢や体制ばかり続けていくと男性は射精する事が容易でいきやすいので慣れが生じ、他の方法では出来なくなってしまいます。

立ちバックや騎乗位等では射精する事が出来にくく体位が限られるので膣内射精障害や遅漏になる場合も生じることあります。

 

男性がいく時には極度の筋肉の緊張と攣縮が起こるのでオーガズムを感じ、足がまっすぐに伸びてしまう足ピンはこの状態を意図的に作り出してしまいます。

オナニー(自慰行為)の時にはおかず、刺激方法、姿勢、所要時間に工夫を

それでは正しいオナニーをするためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

 

正しいオナニー(自慰行為)とは女性との性行為ができない時に性欲処理をするためのもの等なのであり、気持ちよさだけを追求するものであってはなりません。

刺激方法は五本指で強く握りすぎるのではなく刺激を与えすぎず二本指位で握るのがちょうどです。

セックスで性的刺激が薄れ一種のED現症!

性的興奮しない

性的興奮しない

過剰な強く握りすぎる刺激を求めたオナニーを繰り返すと実際のセックスが物足りなくなり、一種のED現症となる可能性があります。

姿勢はゆったりとでき体勢がいいのであぐらをかいたりする事で足ピンの姿勢を防ぐことができます。

 

おかずは自分の好みの女性がいいのですがアニメなどの画像は現実感がないので、できれば生身の女性とセックスしている妄想が理想です。

 

リアルに存在する人としてみたい事を想像する事でいざというときに困らずにすみます。

所要時間を目安にするのもいい方法です。

間違った強く握りすぎるオナニーに関するまとめ

刺激な高い足ピンオナニー等の間違った行為を続けていると快感は得られますがいざという時に困る事もあります。

 

正しいオナニーはセックスのトレーニングと心がけ視覚に頼らずに刺激に変化を与え、優しく弱いアプローチからしていくのが必要です。

過激に成らない正しいナニー

オナニーは普通の行為

オナニーは普通の行為、過激に成らない程度に

誰にも邪魔されない時間や場所を確保し、リラックスをしながらできれば30分以上の時間を費やして、リアルな女性を想像しながらゆっくりと時間をかけていきます。

最初は物足りない事もありますが続けていく程に女性との行為をした時に快感を得ることが出来るようになります。

 

本来であれば自分だけでなく心も体も男女ともに満足を得られる事が目的の為のセックスです。

 

刺激がある強く握りすぎるオナニーを目的にせずあくまでもトレーニングとしての位置付けであるという事を心に留めておきましょう。

精氣根(しょうきこん)

東洋医学(漢方)で古くから用いられてきた精力成分と、西洋医学から成果が認められた最新成分までを

ハイブリッド融合によって網羅した最新の人気健康食品(サプリメント)商品です。


39日間全額返金報奨月男性活力サプリ【FORCE】

39日間全額返金保証付き

さらに今なら、

<どれだけ使用しても購入後39日まで全額返金保証付きです。

 

Force(フォース)公式サイト こちらから