ED(勃起障害)の悩み解決
EDの症状から治療方法、治療薬やサプリメントを紹介します。

  • 最新投稿記事

海綿体注射(ICI治療)で勃起不全を治す

海綿体注射はICI治療と呼ばれていて、血管作動薬を陰茎の海綿体に直接注射する方法です。

 

ICI治療

 

EDの(勃起不全)のメカニズム

EDの(勃起不全)のメカニズム

ED(勃起不全)とは

「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略で、専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」を指します。

40代以降から勃起障害のリスクは増大

40代以降から勃起障害のリスクは増大

詳しくは ED(勃起不全)とは を参照下さい。

 

勃起のメカニズムについて

  1. 勃起は、目から入る刺激
  2. 性器や性感帯に受けた刺激
  3. 刺激的な状況の想像

など、

様々な要因によって起こります。

 

性的な刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎の動脈が拡がり血液が流れ込みます。

陰茎にあるスポンジ状の海綿体(かいめんたい)が、流れ込んだ血液を吸い込み、大きく膨らんだ状態が正常な勃起状態なのです。

詳しくは EDと関連する病気 を参照下さい。

EDの原因は4つのタイプに分けられます。

  1. 50歳代以上に多い、血管や神経の障害で起こるED(器質性ED)
  2. 20~40歳代に多い、精神的ストレスで起こるED(心因性ED)
  3. 50~60歳代に多い、血管や神経の障害と精神的ストレスが混じったED(混合型ED)
  4. ある薬剤で起こるED(薬剤性ED)

EDは4つの原因の中で、動脈硬化を基礎に持つ高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病やメタボリックシンドロームと合併していることが最も多く、9割近くを占めるという報告もあります。

 

主なEDのタイプ

他人事ではない、最も多いといわれる心因性ED

活力ある男性生活

活力ある男性生活

 

ストレスや生活習慣の影響

勃起が悪くなる原因は単一ではなく、複数の要因が絡み合ってくる場合が多く。

体脂肪のコントロールが不規則になれば、肥満体質となりEDの原因ともなります。

30代から始まり、全ての人に起こりうる前立腺肥大症とは

前立腺肥大症と男性ホルモンの関係

前立腺肥大症と男性ホルモンの関係

前立腺肥大症と男性ホルモンの関係

EDは生活習慣病が要因

EDは生活習慣病が要因

 

太っていると勃ちが悪くなる理由。肥満とEDの関係とは

太っている人は男性ホルモンの産生機能が低下

性欲減退やED障害と肥満体系との関係

性欲減退やED障害と肥満体系との関係

 

過度の過激なDVD鑑賞での自慰行為

過度な自慰行為

過度な自慰行為

 

詳しくは

間違ったオナニー(自慰行為)を続けるとEDになる!

を参照下さい

EDの治療方法・治療薬について

EDの治療法・治療薬

EDの治療法・治療薬

詳しくは

泌尿器科教授に「大革命」と言わしめたED治療マシン、ED1000やED-MAXとは如何に

 

男性向け活力サプリメント「Force Premium」

 

男性活力を高めるGH Premium 効果を【徹底深堀り!】

を参照下さい

注意

インターネットや個人輸入でED治療薬を買う際は偽物に注意

ED治療薬の偽物を服用するのは自殺行為

ED治療薬の偽物を服用するのは自殺行為

ED治療薬の偽物を服用するのは自殺行為

 

膣内射精障害とは、オナニーは出来るのにセックスではイケない!?

 

過激な動画を初めて見たときは激しい性的興奮を覚えるでしょうが、毎日のように見ていると慣れてきます。

性生活に支障、セックスに鈍感

性生活に支障、セックスに鈍感

 

“冷え”がEDの原因に!冬は勿論、夏場も注意が必要

“冷え”を軽視していると、万病の元なのは当然として、男性としての尊厳、つまり勃起力すら衰えるのです。

“冷え”は血行不良の証。当然、陰茎にも血液が…

“冷え”は血行不良の証。当然、陰茎にも血液が…